坐骨神経痛でお悩みの方へ

zakotu

高い鍼灸技術でつらい坐骨神経痛から解放させます

ご存じだと思いますが、坐骨神経痛の場合、腰や臀部(でんぶ=おしりのこと)下肢にこのような症状が出てきます

  • 痛くて歩けない
  • 電気が走るような痛みがあってつらい
  • 刺すような、切られるような、裂かれるような痛みがあって何も出来ない
  • 安静にしていても痛みがあり、身の置き場がない
  • 寝ている時でも痛みで起きてしまう
  • とくに下肢がビリビリと痺れる

坐骨神経痛では腰や臀部、下肢に痛みやしびれといった症状が出てきます。

大きな意味では腰痛に含まれますが、その中でも坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経はとても太く、広い範囲に分布しているので痛みは強く、様々な領域に症状が出てきます。

鍼灸もぐさ堂では、坐骨神経痛を次の4ステージに分けて治療にあたっています。

①ステージ1:腰や臀部と下肢の後ろ側が痛むタイプ

坐骨神経痛ではこのタイプが基本です。患者様によって痛みの程度はあるものの、ほとんどの方がこの症状を持っています。腰や臀部への治療が中心となります。

この坐骨神経痛は一番治しやすいタイプです。

②ステージ2:“ステージ1”に下肢の前側も痛むタイプ

この坐骨神経痛も治しやすいタイプです。

“ステージ1”の治療に下肢への治療部位を増やして鍼灸治療を行います。

③ステージ3:“ステージ1”に下肢の外側も痛むタイプ

この坐骨神経痛は治すのに少し時間がかかりますが、比較的回復しやすいタイプです。

治療方法は“ステージ1”の治療に加え、下肢の外側のツボを使用します。

④ステージ4:上記の複合タイプ

急にこのタイプの坐骨神経痛になることはあまりなく、だいぶ前から臀部や下肢に痛みを感じていたけども、特に治療もせずいるとこのタイプの坐骨神経痛に進行する傾向にあります。

治療部位が一番多く、症状を軽減させるには少し時間がかかります。

ご高齢の方が多いように感じます。

鍼灸もぐさ堂での坐骨神経痛の治療

鍼灸もぐさ堂での鍼灸治療は基本的に痛くない治療ですが、坐骨神経痛の治療では腰に少し“ズーン”とした重い感じを受けます。

これは長い鍼を使用して体の奥の筋肉に作用させるからです。

長い鍼を使用するには正確に体の内部のことを把握していなければ出来ず、すべての鍼灸師が出来ることではありません。

当院では10年以上この治療を行っており、成果を出しています。

坐骨神経痛ではこの治療が基本パターンとなり、そのほかにステージに合わせて治療法を変え、治療部位を増やしていき、良い成果を出しています。

そうすることにより、なるべく短い時間で痛みを解放していくように最善を尽くしています。

坐骨神経痛は大変つらい症状です。

早く治療を受けていただき、少しでも楽になっていただきたいと考えております。

鍼灸もぐさ堂の施術で坐骨神経痛を改善された患者さまの声

坐骨神経痛~短期間で痛みをとっていただき、感謝しております

患者様の声32

八王子市在住の太田さん

20才の頃から腰痛持ちで、鍼、カイロプラクティック、気功などあらゆる良いと紹介された治療院へ通ったりしてきました。

 完治は無理だとあきらめて普段はつぼ押しなどでコリをほぐしてストレッチで筋肉を伸ばしたりしていましたが、たまに激痛に陥るときにはどうしようもなくて今回、右足が数センチ持ち上げるだけで激痛が腰まわりに起きたときはやはり鍼に行くしかないと思い、ホームページで探してたどりついた先生にお世話になりました。

 30分弱の治療で帰るときには、足を上げるのが楽になり、翌日にはほとんど右側の痛みがとれ、左側に少し痛みが移りましたが、夜までには左側の痛みも取れました。

 痛くて動かせないと仕事や家事など日常生活に支障をきたすので短期間で痛みをとっていただき、感謝しております。

ほかにもたくさんのお喜びの声を頂いております。 患者さまの声はこちら

症状にお困りでしたら、きっと鍼灸もぐさ堂がお力になれるはずです。

まずは下記ご連絡先までお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP